にんにくは解毒作用アップで肝臓病を予防!アルコール分解もお手の物でお酒好き歓喜!?

にんにくは解毒作用アップで肝臓病を予防!アルコール分解もお手の物でお酒好き歓喜!?

にんにくには様々な予防効果があります。

その効果は多岐にわたりますが、にんにくは肝臓病の予防にも効果があることで知られています。

肝臓病の予防ができるのってありがたくないですか?

それはなぜかというと、肝臓は沈黙の臓器と言われるくらい多少の病気にはうんともすんともいわない臓器です。

注意

肝臓病がかなり進行した頃にやっと悲鳴を上げ始めます。

そうなってくると手遅れということもありえますから…。

そのような肝臓のトラブルを今後起こさないためにも、しっかりとにんにくの栄養を摂取して肝臓病の予防に役立てたいですね。

この記事では、「なぜにんにくは肝臓病の予防に役立つのか」と言うことを解説していきます。

肝臓の主な機能を知っておこう

110162-1 にんにくは解毒作用アップで肝臓病を予防!アルコール分解もお手の物でお酒好き歓喜!?

ざっくりとでも良いので肝臓の機能を知っておくことで「なぜにんにくが肝臓病に効果的なのか」と言うことをうまく吸収できると思います。

ここでは簡単に肝臓の機能をまとめておきます。

肝臓の主な機能2つ

  1. 栄養の代謝
  2. 有害物質の分解・解毒

1.栄養の代謝とは

栄養の代謝は体に取り入れた栄養を、エネルギーの維持に必要な成分に変換する事をいいます。

肝臓が弱ると、生命を維持するためのエネルギーを生成することができなくなり、様々な悪影響を体におよぼします

 

2.有害物質の分解・解毒

肝臓の機能としてよく知られているのが有害物質の分解です。

私たちの体には日常生活で様々な有害物質が取り込まれます。
例えば、細菌や雑菌も有害物質ですので、肝臓がこれらを分解して体を健康に保ってくれる働きをしています。

そして20歳以上であればお酒を飲むと思いますが、アルコールも有害物質として分解してくれます。

注意
お酒を飲む人は肝臓が弱いと言われていますが、それは肝臓がアルコールを分解しようと頑張りすぎてしまうからです。
肝臓が次から次へと体内に入ってくるアルコールの分解作業に追われてしまい、酷使することで肝臓はどんどん弱っていってしまいます。

 

大人の事情で「お酒を今すぐにやめなさい」というのは難しいかもしれません。

 

肝臓を悪化させないために

ですが沈黙の臓器と言われているように病状がかなり進行しないと肝臓は悲鳴をあげません。

少しでも肝臓をいたわってあげるようにアルコールを控えるのはもちろんですが、にんにくを食べて肝臓の働きを助けてあげましょう。

では詳しくにんにくと肝臓の関係性について解説していきます。

にんにくのアリシンが肝機能を高める

110162-1 にんにくは解毒作用アップで肝臓病を予防!アルコール分解もお手の物でお酒好き歓喜!?

肝臓が悲鳴を上げてから肝臓いたわるのでは少々手遅れとなってしまうことが多々あります。

ですが、どのように今から肝臓をいたわっていけばよいのでしょうか?

それは「にんにくの成分を普段から摂る」ということで肝臓のケアをしてあげることができます。

MEMO
なぜ「にんにくを食べることが肝臓のケアになるのか」と言うと、にんにくのニオイ成分であるアリシンが肝臓の細胞の機能を活性化させてくれるからです。

関連記事>>>>アリシンとは?にんにくのにおい成分アリシン効果

では、にんにくを食べる(アリシンを摂取する)事でどのような結果につながるのでしょうか?

それは肝臓の機能でもある解毒機能の強化につながるのです。

解毒機能の強化につながることで、アルコールの分解効率も上がりますので肝臓がへこたれにくくなるのです。

毎日お酒を飲む方は肝臓にかなりの負担をかけてしまっているので、普段からにんにくを食べ、アリシンで解毒機能の強化をしてあげると良いですね。

 

にんにくは急性肝炎を改善する作用も!

とある実験結果のお話です。

にんにくから抽出した成分をカプセルに詰め約30日間飲み続けてもらったところ、肝機能の改善が見られました。

この実験において、肝機能の数値が良い方向に明確に向かっているというデータが残されています。

ところがこの実験の中でもなかなか肝臓の数値が良い方向に向かって行かない方たちもいました。

その方たちの特徴として「もともと肝硬変を抱えていた」というデータが残されています。

この実験結果からわかることは、肝硬変になってしまうとにんにくの効果は出づらいということです。

肝臓のケアはお早めに!

ですが肝硬変になる手前の急性や慢性の肝炎であれば、にんにくの効果は十分に発揮され、肝臓病の進行を防ぐと言うことが分りました。

ですから早め早めのうちににんにくを食べ、肝臓病を予防していくことがとても大事という結論に至ります。

毎日お酒を飲んでいる人は今から対策を

にんにくは夜蝶にもおすすめ

110162-1 にんにくは解毒作用アップで肝臓病を予防!アルコール分解もお手の物でお酒好き歓喜!?

上記で説明したようににんにくの成分が肝機能を強化することが分りました。

正直、今は肝臓に何の違和感を覚えていなくても、毎日お酒を飲んでいる方ならどこか体に不安があるはずです。

その不安の部分というのは「ぼんやりと肝臓の存在」を思い描いているのでは無いでしょうか。

しかしでも不安があるのであれば、早め早めに肝機能を強化して、肝臓の病気を予防していかなければなりません。

今からでも全然遅くはありません!
  • 仕事のつき合いで毎日お酒を飲まなければならない人
  • ホスト関係、キャバクラ関係の方
  • 晩酌が人生の楽しみ

と言う方は毎日少しずつでも良いので、にんにくを食べることを心がけましょう。

でも毎日食べたら口がにんにく臭いじゃないか!

こっちは接客業なんだぞ!

と思っている方、ちょっと待ってください

にんにくのニオイを気にせずにんにくの成分をとる方法を今から解説していきます。

 

が、そ・の・ま・え・に!!

「にんにくのニオイなんて気にしない!」

という強者のためににんにくの適切な摂取方法をサクッと解説します。

にんにくの一日の適量とは

肝臓のために、毎日少しずつにんにくを摂らないといけません。
そのため、摂りすぎは逆効果といえます。

これはにんにくに限らず何でも過剰摂取はいけませんよね。

ですので肝機能の強化に毎日少しずつにんにくを食べたいという方は多くて2片程度までにしてください。

注意
くれぐれも「昨日は飲みすぎたから今日は10片食べるぞ!」などという勘違いをしないでくださいね。

にんにくによる肝機能の強化のコツは「毎日コツコツと」です。

注意点として、空腹時に食べると胃液が分泌されるので、お腹が痛くなってしまうこともあるかもしれません。

料理にまぜるのが好ましいでしょう。

食べすぎは胃腸の予防の記事でも解説しましたが、基本的に胃腸に良い食べ物です。
ですが、にんにくの食べすぎは胃液の分泌を多くしてしまい、胃腸を傷つける結果となってしまいます。

関連記事>>>>快腸!にんにくは胃や腸の病気を予防!便秘すら解消するにんにくパワー!

アルコールを飲まなければならない方は前もって対策を

断れない飲み会…。

110162-1 にんにくは解毒作用アップで肝臓病を予防!アルコール分解もお手の物でお酒好き歓喜!?

序盤に少しだけ触れましたが、にんにくは肝機能の強化だけではなく、有害物質の解毒効果もあります。

「アルコールを飲まなければならない」と言う方は、あらかじめにんにくの成分を摂取しておくとよいでしょう。

例えば居酒屋でおつまみとして、にんにくにんにく料理が出されている時は、それを食べることでアルコールの分解を促進することができ、二日酔いの防止をすることができます。

それはそれで、みんなにんにく臭に包まれているので、他人に、にんにくのニオイで迷惑をかけることはありません。

 

ですが、確実ににんにく料理がおつまみとして出るとは限りません。

そんな時に前もってにんにくサプリを飲んでおくとよいでしょう。

にんにくサプリを飲むべき理由

にんにくサプリは、にんにくの栄養がギュッと凝縮されてカプセルにされています

飲み会が始まる前に、にんにくの凝縮した成分をサプリを飲んでおくと、二日酔いの防止やアルコール分解の促進につながります。

ただし、通常のにんにくサプリでは臭いが出てしまいますので、黒酢にんにくサプリを選ぶようにしましょう。

黒酢がにんにくの臭いを打ち消してくれているので非常におすすめですよ。

こちらの記事では様々な黒酢にんにくのサプリを比較していますのでぜひご覧ください。

次のページ>>>黒にんにくサプリ人気ランキング!効果や成分を比較しやすいように徹底解説

一番好ましいのは飲み会の前だけにんにく成分を取るのではなく「毎日摂ること」です。

できることならサプリで毎日にんにく成分を摂取しておきましょう

にんにくはきっとあなたの強い味方になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です