快腸!にんにくは胃や腸の病気を予防!便秘すら解消するにんにくパワー!

快腸!にんにくは胃や腸の病気を予防!便秘すら解消するにんにくパワー!

にんにくは胃や腸の病気を予防する効果があると言われています。

にんにくは確かに健康に良いのですが、予防や治療には個人差が出ることがあります。

今からにんにくが胃や腸の病気の予防や治療に役立つことを解説していきますが、にんにくの薬効を確認し効果的に使っていきましょう。

 

なぜにんにくは胃腸の病気を予防するのか

604744 快腸!にんにくは胃や腸の病気を予防!便秘すら解消するにんにくパワー!

にんにくが胃腸の病気を予防する理由は、にんにくのに良い成分のアリシンというものが効果的に働いてくれるからです。

↓ ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

関連記事>>>>にんにくのにおい成分アリシンの殺菌効果が凄い!健康に良い理由はこれだったのか!

にんにくを食べアリシンを体に摂取することで唾液や消化液の分泌を活発にしてくれます。

では「なぜ消化液が活発に分泌されると胃腸の病気を予防する」のでしょうか。

それは消化液(胃液)には殺菌作用があるからです。

MEMO

胃や腸に雑菌が繁殖していればもちろん胃腸の病気になってしまいます。

そこでアリシンの登場です。

雑菌が繁殖していれば、アリシンの殺菌能力で殺菌します。

さらにアリシンが体内に存在していればその後も雑菌の繁殖を防ぎ、未然に病気を防いでくれることにもつながるのです。

 

そこで賢いあなたはこう思うのでは無いでしょうか?

そんなに消化液がたくさん分泌されたら胃酸で胃の粘膜を傷つけてしまうのでは無いのか?

はい。
もちろんたくさん胃酸が分泌されてしまうと、胃の粘膜を傷つけてしまう原因になります。

ということはここで矛盾が生まれますよね。

  • アリシンを体に摂取することで胃液を分泌させ、雑菌の繁殖を抑える。
  • ですが胃酸で胃の粘膜を傷つけてしまう

ですが、この矛盾点を解決してくれるのがアリシンです。

つまり、「胃や腸の病気を胃を傷つけずに予防できるのはアリシンしかない」ということにつながります。

それでは詳しく解説していきますね。

 

アリシンが胃液を分泌させてもなぜ粘膜を傷つけないのか?

604744 快腸!にんにくは胃や腸の病気を予防!便秘すら解消するにんにくパワー!

ストレスが溜まった時は胃液の分泌が激しくなり、胃酸で胃の粘膜を傷つけてしまい、最悪の場合は胃に穴が開いてしまう「胃潰瘍」まで発展してしまうことがあります。

これはアリシンは関係なく、分泌された胃液の話です。

アリシンによる胃液の効果

アリシンにより分泌された胃液に関しては、胃の粘膜を傷つけにくい効果があるのです。

その理由としては、アリシンが胃の中でタンパク質と結合することによって胃への刺激を緩やかにしてくれているからです。

これはアリシンでなければできないことです。

アリシンは胃液の分泌の活発化と、粘膜を守る効果の両方を担ってくれているのです。

さらに胃液が雑菌の繁殖を抑え、腸内環境を整えてくれるため下痢の改善にもつながります。

そしてアリシンが大腸を刺激するため、便秘の改善にもつながります。

アリシンは本当に良いところだらけの成分ですね。

 

胃腸の病気の原因は雑菌だけではない!寄生虫が原因の場合も

胃腸の病気といえば、多くの場合は胃腸風邪など細菌が原因の病気を思い浮かべるのでは無いでしょうか。

胃潰瘍もそうです。

胃潰瘍の多くの原因はピロリ菌という細菌が原因で発症します。

ですが胃腸の病気と言っても細菌が原因だけではありません

そうです。

日本人が大好きな生魚を食べると寄生虫により胃腸の病気に発展してしまうこともあります。

寄生虫による胃腸の病気

生魚から私たちの体に中に入ってくる寄生虫といえばアニサキスが有名ですね。

アニサキスという寄生虫が体の中に入ってしまうとアニサキス症という病気になってしまいます。

アニサキス症とは?

604744 快腸!にんにくは胃や腸の病気を予防!便秘すら解消するにんにくパワー!

アニサキス症の概要

アニサキス症を簡単に説明すると、生魚などを介してアニサキスという寄生虫が胃や腸の壁の中に侵入してしまいます。

アニサキスが侵入すると激痛や吐き気などの症状を訴えるようになるのです。

アニサキス症になってしまった芸能人もしばしばニュースで見かけることがあります。

アニサキス症になった芸能人

  • 庄司智春さん
  • 渡辺直美さん
  • 南海キャンディーズ山里さん
  • 益子直美さん

等など芸能人でもたくさんの方がアニサキス症に感染してしまいます。

では、「寄生虫が原因の胃腸の病気・アニサキス症」を予防する方法は無いのでしょうか?

実はあるんですね。
アニサキス症応用する方法が。

 

多くの方はこのように思うのでは無いでしょうか?

そんなん知ってるよ。

生魚を食べる時はもちろん、わさびを付けて殺菌するんでしょ?

 

実はそれは違うんです。

厚生労働省が一般家庭で使うわさびと醤油ではアニサキスを死滅させることはできないと発表しています。

ですが、先程から説明しているアリシンであればその高い殺菌効果からアニサキスを死滅させることができます

アリシンがアニサキスを殺菌

カツオのたたきににんにくが添えられている料理を見たことありませんか?

「なんで刺身なのににんにくなのか?」と思った方も多いでしょう。

それはにんにくの殺菌効果をカツオのたたきに使用しているのです。

カツオのたたきににんにくという組み合わせは、昔ながらの知恵だったということですね。

 

にんにくが便秘解消に効果がある2つの理由

604744 快腸!にんにくは胃や腸の病気を予防!便秘すら解消するにんにくパワー!

今までは

・細菌感染による胃腸の病気

・寄生虫による胃腸の病気

これらについて解説しましたが、まだまだ胃腸の病気の原因はあります。

それは、便秘です。

先程も少し触れましたが、にんにくのアリシンは便秘解消に効果があります。

ではなぜアリシンな便秘解消につながるのでしょうか。

その理由は2つあります。少し詳しく解説していきましょう。

1.アリシンは蠕動(ぜんどう)運動を活発にする

 

604744 快腸!にんにくは胃や腸の病気を予防!便秘すら解消するにんにくパワー!

蠕動運動という言葉を聞いたことがあるでしょうか。

ここで言う蠕動運動とは消化器官の運動の事を表します。

蠕動運動のイメージ

例えば食道が食べ物を胃へ運ぶ際、筋肉を収縮させて運んでいます。

イメージとしては波を打って運んでいるのを想像してもらうと分りやすいかと思います。

決して重力で胃に食べ物が運ばれているわけではありませんよ。

※逆立ちしても食べ物が胃に入るのは蠕動運動のおかげです。

アリシンは蠕動運動を活発にするのです。

もう少し詳しく言えば、にんにくが腸の平滑筋という部分の筋肉を滑らかにしたり、調節したりしてくれるので蠕動運動が活発化します。

もちろん蠕動運動は便を効率よく排出するためにも必要な運動です。

こう言えば分りやすいでしょうか。

例えばお腹がグルグルとなった時はトイレに駆け込みたくなりますよね。

あれは蠕動運動が活発になった時に出る「グル音」という名前です。

にんにくを食べることで蠕動運動を活発化させ、便秘の解消につながります。

2.善玉菌を増やす

604744 快腸!にんにくは胃や腸の病気を予防!便秘すら解消するにんにくパワー!

先程は「にんにくは蠕動運動を活発化させ便秘を解消させる」という話をしました。

もう1つの便秘を解消する理由としては「にんにくは善玉菌を増やしてくれる」という効果があります。

善玉菌といえば、ビフィズス菌が有名ですね。
便秘に悩まされている方は一度は聞いたことがあると思います。

MEMO

にんにくにはオリゴ糖が含まれています。

善玉菌はオリゴ糖を食べて増殖するため、にんにくは善玉菌を増やすことにつながっているんですね。

さらにビフィズス菌は、乳酸や酢酸も発生させてくれます。

この乳酸や酢酸が腸管を刺激することによって、先程も説明した蠕動運動を活発させてくれ便秘解消につながっているのです。

便秘に悩まされている人がにんにくを食べることによって便秘を解消したというのはよくある話です。

これは、アリシンが蠕動運動を活発化させ、ビフィズス菌の増加により便秘解消につながっていたということになりますね。

にんにくで便秘が解消する理由まとめ

  • 蠕動運動の活発化
  • ビフィズス菌の増加

薬で便秘を解消するのって嫌ですよね。

薬を飲んだらかなりお腹が緩くなって仕事や遊びどころではありません
なので、一日中家にいる時にしか薬を飲むことができませんよね。

にんにくで便秘を解消することで、自然な便意をもよおすことができるます。
薬に頼ってわざとお腹を緩くする必要はありません。

にんにくは便秘症の方に対して非常に強い味方になるのです。

これは胃腸に逆効果!にんにくを食べる際の注意点

604744 快腸!にんにくは胃や腸の病気を予防!便秘すら解消するにんにくパワー!

今までさんざんにんにくは胃腸に良いと言うことを説明しましたが、間違った方法でにんにくを食べてしまうと逆効果になることがあります。

注意
それは空腹時ににんにくを食べることをしてはいけません。

空腹時ににんにくを食べると、胃の粘膜を刺激して胃痛を引き起こすことがあります。

さらに、胃だけではなく腸にも大きな刺激を与えてしまうことで、これが逆効果となってしまい、さらに便秘がひどくなってしまうこともあります。

じゃあにんにくって危険じゃないか!

と思うかもしれませんが、適正な量を守るだけでそのような問題は引き起こることがありませんので大丈夫です。

MEMO

もう少し詳しく言うと、通常通り料理に使用して使うだけなら全く問題ありません。

生のにんにくを何個も何個も空腹時にボリボリ食べると言うことがいけないと言うことです。

この適正なにんにくの量を守って胃腸の改善に努めてくださいね!

にんにくと胃腸の病気の予防についてまとめ

このように徐々に紐解いていくと「にんにくがなぜ胃腸の病気予防に効果があるのか」と言うことをお分りいただけることでしょう。

ですがにんにくを1つ食べたからと言って「はい、これで便秘が解消した!」というわけにはいきません。

毎日適切なにんにくの量を食べ続けることで胃腸の病気の予防につながります。

そして慢性化していた便秘も解消することでしょう。

でもここで問題点が!

「毎日料理ににんにくを使用する」と言ってもそのニオイが気になりますね。

健康と口臭を天秤にかけた際、口臭の方が気になってしまうこともあるでしょう。

そんな時にはにんにくサプリを活用しましょう。

にんにくサプリは1粒や2粒飲むだけで、簡単に一日の適正量を摂取することができ、胃腸病気予防に効果を発揮してくれます。

にんにくサプリの選び方

ただのにんにくサプリだとにんにくの臭いが気になってしまうので、黒酢が配合されているにんにくサプリを選んでください。

黒酢が配合されていることで、にんにくの唯一のデメリットである臭いを消してくれています

当サイトでは様々な黒酢にんにくサプリを比較していますのでどうぞこちらからご覧ください。

次のページ>>>>黒にんにくサプリ人気ランキング!効果や成分を比較しやすいように徹底解説

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です